社会人でボランティアに携わって良かったと感じてること

スポンサードリンク

こんにちは。
今日も週末ということで、いつも通り一週間ぶりにブログを更新していきますよー。
今回もボランティアに関すること。
先日はこんな記事を書かせてもらいました
http://yutorikyouryoku.blog.fc2.com/blog-entry-34.html
今回の内容は僕がボランティアやってて良かったことについて。
奉仕活動というのか自分がひたすら与え続けるだけ、的なイメージが強いのがボランティアという物のように感じますけど、実際はそうじゃなくて。
逆にボランティアに携わる中で形には残らない沢山のものを僕はもらってきました。
ていうか、それくらいのものがなきゃボランティアなんて続けようなんて思わないですよ、本当に。


○僕がこれまでに経験したボランティア
僕がボランティアに関わるようになったのは社会人になってから。
このブログでも一度、ネイチャーゲームイベントに関わったことは書きましたけど、他にも
・子供たちの野外活動・キャンプ運営補助
・街コンイベント運営補助
・林業ボランティア
・中高生の非行防止支援
単発も含めますとこれだけに関わってます。
街コンはあんまりやり甲斐を感じなかったのでこちらは単発。
中高生の非行防止支援はやり甲斐こそはあったんですが、自分が非行ってものと無縁だったこともあり、どうしても心から寄り添うができず、肌に合わないと感じたのでこちらも今はやってません。
じゃあボランティアのやり甲斐ってなに?って多くの人が気になるかと思います。
というわけでここでこれまでの経験から得たボランティアのやり甲斐について3つ挙げていこうかと思います。


①自分の新たな一面に気づける
例えば僕は、普段の仕事の中で何も考えずに目先の業務に取り掛かる、という傾向があります。
計画とか特に考えないので頑張れば頑張るほどドツボにはまることも多いです。
けどボランティアやってて、普段の仕事で出る傾向とは真逆の取り掛かりをしてる自分がいることに気づいたんです。
プログラムを考えるときに思考錯誤してスムーズに行く方法を考えたり、準備物をきっちり洗い出して事前に用意していたり。
この経験から僕は自分で「何も考えずに目先の業務に取り掛かる」人間だというレッテルを貼らずにいられるようになりました。
とはいえ仕事ではまだこの傾向が強く出てるので改善しないといけないんですけど(笑)


②一緒にボランティアやってる人からエネルギーをもらえる
僕が見た限り、ボランティアに携わる人って主体的でエネルギッシュな方が多いように感じます。
目標を具体的に持っていてそれに対して真っ直ぐだったり、自らこれやろう、あれやってみよう、的な発案をする方だったり。
そういう人たちと触れ合うことで生きるエネルギー?的なものをもらえてます。
普段の生活で活力を感じないのであればこういうことをやってみるのもいいですよ♫
ちなみにこれに連想して「人脈も広がるのでは?」と疑問に思う方もいると思いますけど、少なくとも僕はそれはオーバーな表現なんじゃないかな、と。
確かに一つのことを一緒に成し遂げた経験という、貴重な宝物は得られますよ。
Facebook上での友達もいっぱい増えますよ(笑)
けど、ボランティアを離れた繋がりになるか、と言われると、、、ですね。
ぼくがそもそもコミュ障であることもあるんですがそこまでの繋がりには至ってません。
まあそもそも人脈の定義ってなんぞや?って感じですけど、特定のコミュニティを離れても繋がりを持ってる、と定義した場合、人脈形成には至ってませんね。


③ネタの引き出しが増える
会話の引き出しは確実に増えますね。
普通の人は大人になってから子供たちのキャンプに関わることは無いのでこの類の話をすると結構根掘り葉掘り聞かれたりします。
あと、複数のボランティアやってるとそこで得た知識を輸入したりすることもできます。
昨夏の子供たちのキャンプイベントではウォークラリーイベントの中にネイチャーゲームの要素を混ぜ込んで自然体験を楽しんでもらいました。
話のネタが無い人、オススメですよ!(笑)


まとめ
とりあえず3つぼくが得たものを書き出してみました。
いずれも形には残ってないメリットですけど、携わった経験っていい思い出ですからね。
師匠様や教祖様のありがたいお話を聞きに行くよりもはるかに有意義な過ごし方ですよ、本当に!
ああ、こうやって書いてるとぼくは社会人最初の1年間何してたんだろう、、、
http://yutorikyouryoku.blog.fc2.com/blog-entry-27.html
趣味が無い人とかには是非ボランティアに関わることをオススメしたいですね。
実際に社会人になると出会いの幅って狭くなっちゃうじゃないですか。
色んな人と関わる機会が必然的に出てくるのでいい刺激になりますよ。

スポンサードリンク