まだキャリアスマホで消耗してるの?と言いたいところだけどぼくが感じた格安スマホのデメリット

スポンサードリンク

こんにちわ。
少し前までニュースではスマホのMNPについて問題になってましたね。
新規ばかり優遇されて不平等なんじゃないの??みたいな。
確かに長期で使ってるユーザーから見たら「長期割引とかあってもいいんじゃないの?」って思いますよね。
ぼく自身も去年末まで約8年間ソフトバンクを使ってたのでその気持ちはよくわかります。
とはいえそういう批判をするのは嫌だったのでぼくは大人しく格安スマホに乗り換えました。



ちなみに使ってるサービスはUQモバイル
通信面は不安定なんじゃないか?
通話は問題なく出来るのか?とかとかいろいろな不安要素はありましたけどそういうのはほとんどなかったです。
何よりビックリだったのが請求金額。
通話した月はそこそこ跳ね上がりますけど8000円払ってた通信料が3000円ちょいにまで下がりました\(^o^)/
いや~、この下がり幅見たとき思いましたね!
まだキャリアスマホで消耗してるの??
とこのまま高みの見物と行きたかったのですが、格安スマホに変えて約半年、色々と不便な点も見えてきたので今日はそれについて書いていきます。
① 使える無料Wi-Fiスポットが大幅に減る
これは意外と不便で、スマホからのパケットを抑えようとカフェとかに常設しているWi-Fiが使えないことが多いんですよ。
これの対策自体は簡単でモバイルルーターを持つなり使用可能パケット容量を上げるなりでなんとかなるはずなんですが
ぼくが使ってるUQモバイルはMAXで3GBしかないんですよ。
事前にスマホからのパケットは3GB未満って測定してたのにとんでもない誤算。
じゃあモバイルルーターを、って考えてたんですがぼくはすでにYモバイルのをすでに持っていて、価格2450円くらいで容量制限7GB。
こっちも毎月容量ぎりぎりまで使うので毎月速度制限解除のために500円払ってます\(^o^)/
それを防ぐためにWi-Fi無料スポットが使えたらいいんですけど格安スマホだと使えるスポットが大幅に減るので月末はかなり苦しいんですよね。
今のこのブログも500円追加で支払って書いてます(笑)
② LINEの友達登録のID検索ができない
これもかなり不便。
人と会う機会があると思わぬところでLINE交換をする機会って出てくるんですけどその時に「やべっ、ID検索できません」だと結構もたついちゃうんですよね。
QRコード読み取りはできるのでなんとか対策は打てるんですけど、今その場にいない人と交換するような場合だと打つ手なしだったり\(^o^)/
○まとめ
少なくとも今はまだキャリアスマホで消耗してるの??なんて高みの見物はできないですね(笑)
とはいえそれでも従来のキャリアよりも大幅に価格は下がる格安スマホは魅力的。
こっちは変えられないから解約金払ってでもポケットWi-Fiを変えようかな。。。



スポンサードリンク