愛知に戻ってきて1年半、通勤時間片道1時間の異常さに気付いた

スポンサードリンク

こんにちわ。
今日は土曜日、のんびり寝ている方も多いと思います。

寝ている方は平日お疲れ様でした。

ぼくも休みですけど朝早くから行動してます。

特に予定はないけど(笑)

 

さて、今日は通勤時間について。

名古屋に来てからいろんな話を聞いてみると、当たり前だと思っていたぼくの通勤時間が異常に長いんじゃないかということに気付いたので、それについてです。

 

 

通勤に1時間以上かけるのは異常なのか?

皆さんは通勤にどのくらい時間をかけているのでしょう?

ちなみにぼくはドアtoドアで1時間10分くらいです。

通勤にかけてる時間は社会人になってからほとんど変わっておらず、東京で働いていた時もこのくらいでした。

というか、東京で働いている人はこのくらいの時間がボーダーな感じもします。

そんなわけで、ぼくが通勤にかけてる時間もこれが普通だと思い込んでました。
つい最近まで。

6月某日、知り合いとご飯食べながら話してた時のこと。

知り合いに職場と家は近いのか?と聞いたところ

知り合い
車で10分くらいだよ

いいなー☆ぼくなんて1時間以上かけてるよ

知り合い
(;゜0゜)

その反応に(;゜0゜)だよ、と言いたくなります。

 

通勤に時間をかけない名古屋人

自分の中で通勤1時間というのは普通の感覚だったのでここまで驚かれるとは、って感じでしたね。

で、考えてみたら愛知に来てから通勤に1時間かけてる人に会ったことないんですよね。

長い人でも3,40分くらい。

もちろん通勤時間って自由な独身世帯か家族世帯かでまた変わってくるとは思うんですけど、そこを考えたとしても通勤時間20分以内の人ばかりですね。

 

名古屋で職住接近は十分に実現可能

最近異動で神戸から別の上司が来たのですが、

新しく住んでる家は職場から徒歩3分の超好立地、羨ましすぎる~

まあ愛知って名古屋市内の一部地域を除けば家賃はかなり安いので職住接近というのが普通に可能なんですよね。

うちの職場は港区といって、名古屋でもかなり南の方で都心から離れているので値段もだいぶ抑えられてます。

 

名古屋で通勤に消耗してるぼくが電車の中でやっていること

スマホ使って勉強

ぼくは機械の営業をしているのですが、大学は農学部ということもあり、機械の仕組みとかはさっぱりなのです。

なので物を売るために、まずは機械の仕組みから勉強する必要があります。

仕組みから知っておかないと、メリットデメリットすら伝えるのも難しいですし、メンテナンスとかも説明が困難ですからね。

ただ、スマホは画面が小さくて大変です。

 

通勤時間を有効活用するために、スマホ一つで勉強できるオンライン講座のサービスもあるみたいですね。

 

読書

読書したりすることもあります。

家でゆっくり時間が取れないので電車の中できっちり時間取って読むようにしてます。

幸いに電車で過ごすうちの15分間はほぼ確実に座ることが出来るので、じっくり読書に費やせます。

電子書籍であれば、タブレット一つに色んな書籍を詰め込めるのでわざわざ持ち歩く本を選ぶ必要がないのがいいところ。

 

デメリットは、乗り過ごすリスクもあるということ。

一度乗り過ごして大変な思いをしました。

 

マンガ・音楽を聴く

趣味の時間がろくに取れないために通勤時間を有効活用してしまおう、という方法。

マンガとか音楽聴くのはたちっぱでもなぜかできるのがいいところ。

 

他人のブログを読む

ブログを書くのはもちろん大事。けど、上手な人の書き方とかを参考にするのも同じくらい大事なことです。

アクセスをたくさん集めてるブログを読むことで自分に何が必要なのか、探りながら楽しみながら読んでおります。

ただ、集中しては読めないのが難点。

 

 

結論:通勤時間は無駄

というわけで引っ越しも考えようと思います。

でもいつになるかは未定ですww

こうやって考えると東京のサラリーマンってすごいです。

職場周辺の家賃が高いとはいえ通勤に1時間かけるのが普通って感覚になってるのが。

 

一度はやってみたいなー、

寝坊して8:30起床、ダッシュで8:35に職場についた、みたいなスピード出勤ww

そんなわけで来週以降もぼくは通勤で消耗します。

 

スポンサードリンク