公園紹介―天白公園

スポンサードリンク










こんにちわ。

ようやく東京の光が丘公園からホームである名古屋へ戻ってきました。

そんなわけで今日は名古屋市天白区にある天白公園のご紹介。

CIMG0559

天白区のほぼ中央に位置しており、大根池を取り囲む3つの小山を含む総面積26.5ヘクタールの総合公園。1958年(昭和33年)2月15日に都市計画決定され、1990年(平成2年)に開園した。

山は雑木林になっており、東側の山中には広国押武金日命を祀る中山神社の社がある。大根池の南側は芝生の広場などが整備され、大型の遊具のほかバーベキューが楽しめるデイキャンプ場や、てんぱくプレーパークが設置されている。大根池は農業用ため池として作られたが、周辺の宅地化もあって現在では治水目的で管理運用されており、秋から冬にかけては渡り鳥も飛来する。

(Wikipediaより)

そう、公園の中に3つも山があるんですよ。

山があるだけあって、自然を見るにはうってつけの場所であります。

まず最初に入ったのは中山神社のある東の山

CIMG0510

ちなみに山の中はこんな感じ。

CIMG0515

ザ・雑木林って感じの山中です。

そんな中を5分もかからないうちに神社にたどり着きました。

CIMG0514

これが中山神社。

神社のルーツとかはよくわからないのでここではスルー。

再び山の中を歩いていきます。

CIMG0516

分岐点。どっちに行こうかな、、、

山を下りて森を抜けたら大きな池が見えました。

CIMG0533

大根池です。どっかの公園と違って柵がしっかりなされているので池に近づけません。

池の周辺は開けており、憩いの場として設けられていたり

CIMG0534

大きな遊具があったり

CIMG0535

思いっきり遊べそうな運動場がありました。

CIMG0549

最初に上った山の反対側にも山があったので気になって登ってみました。

が、残念ながらこっちの山にはこれといったものはありませんでした。

CIMG0546

強いて上げるんならここ、木々に囲まれたベンチでゆったりとした時間を過ごせますね。

 

最寄り駅の原駅(地下鉄鶴舞線)から徒歩20分、アクセスはよくありませんがゆったり過ごすにはいい公園です。