今ある時間を楽しめていない人に贈る、楽しいことの見つけ方について

スポンサードリンク

 

こんにちわ。

今日は楽しむことを見つける方法についてです。

 

これまでにもぼくは新しいことへの楽しみを次々と見つけてきました。
生きてりゃ楽しいことが無いはずがないんですよ。

 

楽しみを見つけるためには

自分の好きな気持ち興味があることに正直になる

まず一番大事なことはこれですね。
好きなことこそ一番楽しめることじゃないですか。

好きだとか、興味があるという気持ちに素直になることです。
が、よくあるのが「これ好きかも、、、いや、違う」とか否定しちゃうこと。
流行りものと異なるものに興味を持った時に起こることですよね。

ぼくも高校の時に、大学受験の学科選びの際に農学部を受験する、と選択するまでに先述のような感じで時間がかかりましたね。
「農学部?面白そう、、いや!農業とかいまどきww」みたいな感じ。当初は工学系で考えていたのですが、
何度か考えていくうちに「やっぱり農学部が面白そう」ということで最終的に農学部の大学に進めました。

今は農学系とは全然違うことをやっていますが、大学で農学部を選んだことに悔いは一切ありません。

 

興味があることに敏感になる

分かりやすく言い換えれば好奇心を持て、ということ。

ぼくは少しでも「これなんだろう?」って感じたら調べることにしています。
ぼくは今、休日にネイチャーゲームイベントの運営補助に当たったりしているのですが、

これももともとはあるときにやった自然あそびが面白かったことから始まってネットで調べたりそれをやってくれた人から聞いた結果ネイチャーゲームというものを知り、
ネイチャーゲームの資格を取ったら、気が付いたらイベントの運営側にもかかわっていた、という感じでちょっと興味を持つだけで行動が全然変わってくるんですね。

 

 

恥ずかしがらない

最後に大事なことは、楽しむことに恥ずかしがる必要なんてない、ってことです。
むしろ恥ずかしがっていたらそれこそもったいないです。

ぼく自身が結構恥ずかしがり屋なのでぼく自身への課題でもあるのですが、
逆に恥を捨てて楽しめたな、って思ったときは本当に心がスッキリしますね。

 

おわりに

意外と楽しいことなんてそこら中にゴロゴロ落っこちてるもんですよ。
こんなことを偉そうに記事にしてしまいましたが、実際にぼくも全然人生楽しみきれてないです。

「最近楽しいことがないな~」なんて嘆いている人は楽しいことを探すことをさぼってるんじゃないの?って思います。
人生一度キリなわけですからもっと楽しく過ごしていきましょう

スポンサードリンク