あとで困らないために知っておいた方がいい、LINEの友達整理の方法

スポンサードリンク










こんにちわ。

つい最近、全く連絡を取らなかった人から連絡が来ました。

IMG_1101

「失礼ですが、どこでお会いしたんでしたっけ?」

(…誰だっけ?)

実際にぼくのLINEの友達リストには誰が誰だか全く覚えていない人がたくさん入ってるんですね。

さすがに中学高校、大学、会社の同僚・上司はちゃんと覚えているんです。

しかし、昔やっていたネットワークビジネスに取り組んでいた時に交換した、交流会とかで知り合った人とかがかなり多く、どこで出会ったのか全く覚えていない状態なんですよね。

実際にLINE交換した人の大半は交流会以降一度も会わずに終わってるのでこちらも印象に無いわけです。

恐らくメッセを頂いた方もネットワークビジネスをやっていたときにふらっと参加した交流会だろうと思うのでそう返信しました。

 

増えると大変になる、友達リスト

LINEはすごく手軽で簡単にメッセージが送れ、その上魅力的なスタンプを使えるのでぼくも重宝しているアプリです。

しかし、唯一不便な点が電話帳的な機能が無いこと。

そのため、だれがどのコミュニティで出会ったのか本当に思い出せなくなるんですよね。

あと数十年したら今はかろうじて覚えている中学、高校時代の知り合いも忘れてるかも( ゚Д゚)

というわけで、整理する方法を探してみたところ、電話帳的な機能こそは無い物のひと工夫すれば十分に整理できることが分かりました。

 

登録名を変える

ぼくが思うLINEのめんどくさい点って登録名が自由であることなんですね。

みんなが本名で登録してくれれば一貫性があって分かりやすいのですが、ニックネームだったり下の名前だけで登録されてたりすると本当に混乱する。

しかし、自由に登録名をいじれる半面、こちら側も自由に名前を変更できるのです。

・・・まあ知ってる人は知ってますよね。
(ぼくは知らなかった)

これを使ってちょっと簡単に整理しちゃいましょう。

今回は頭文字に数字を入れました。

IMG_1102

とりあえず0を中学の知人、2を高校の知人、3を大学の知人に振り分けました。

とりあえず20件くらいこの作業をやってみたのですが、あと400件くらいあるので消すかどうか、ということも含めてめちゃくちゃ大変です。

最初からこういう風に整理すべきだったな、と後悔しています。

まあでもいい機会なのでLINEの中を断捨離してしまいます。