リゾネット業務停止を受けて元会員が語るリゾネットの実態

スポンサードリンク

こんにちわ。

先日、SNSで拡散されてこんなのを見かけました。

http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2017/01/17/06.html

旅行会員権のネットワークビジネス「リゾネット」が3か月間の業務停止命令を受けたということです。

下の記事でも端的に触れているのですが、過去にぼくも携わっていました。

ネットワークビジネスへ洗脳されてしまったぼくの体験談

なので今回は、ぼくが関わっていた当時の記憶を基に

  1. リゾネットとはどんな組織なのか
  2. リゾネットの勧誘手法
  3. リゾネットの業務停止
  4. リゾネットをやっていると思われる人の特徴

について説明していきます。

 

そもそもリゾネットって??

リゾネットと他マルチ商法の企業の違い

ネットワークビジネスと言えばアムウェイ、ニュースキン、ナチュラリープラスなどといったところが皆さんもご存知かと思います。

これらはサプリメントや日用品を扱っている企業で、マルチ商法で販売している企業は大体こういったものを扱っています。
そのため、競合が非常に多いです。

それと一線を画してリゾネットは旅行会員権を取り扱った企業で、「他社が真似できない」「競合他社が非常に少ない」を売りに組織を拡大していました。

 

どんな人がやってるの?

ぼくの印象ではリゾネットをやってる人は他のネットワークビジネスに取り組んでる人とまた違った雰囲気であるように感じました。

過去記事の通りぼくは以前にニューウエイズ(現モデーア)のワンダーランドでも活動していました。

そこの方々はいわゆる意識高い系と呼ばれる人たちばかりでした。
これはおそらく他のネットワークビジネスの会社も同じであり、他にもニュースキン、アムウェイと見てきましたがもれなくそうでした。

しかし、リゾネットの印象は意識高い系もそれなりにはいたのですが、どちらかというと「楽しく遊んでます(^◇^)♫」みたいなパリピ系の人が多い感じ。

 

ぼく自身がどちらかと言えば正反対の人間なので正直雰囲気でいえばワンダーランドの方が馴染みやすかったです。

あとは、ワンダーランドも含め、アムウェイ、ニュースキンで上手くいかなかったからリゾネットに来た、というネットワークビジネス経験者も多かったです。

 

勧誘手法について

リゾネットは勧誘手法も他とは異なり、よく言えばシンプル且つスピーディ、悪く言えば(というか普通はこう捉えるが)コンプライアンスを無視している感じでした。

ニューウエイズで取り組んでいた時の手法と比較してみます。

 

ニューウエイズ(ワンダーランド)の勧誘手法

 

  1. 新しい人と出会う
  2. サシでお茶・ご飯に行く。この時に師匠の話を出して「今度会いに行こう」とアポを取る
  3. 日を改めて師匠へ会いに行く。この時点ではビジネスの話を一切しない
  4. 飲み会に誘ったりフットサルやったりして他のワンダーのメンバーと接点を増やし、仲良くなる
  5. 定期的にサシでご飯に行ったりする。この時、将来の話をするなどしてビジネス勧誘の接点を探る
  6. 向こうが「ビジネスについて教えてほしい」という話が出たら自分がビジネスをやってることを話し、「じゃあ今度ビジネスの話を紹介するね」とアポを取る
  7. 日を改め、二人もしくはリーダーと一緒にビジネスについて話をする。この時点で初めて自分がネットワークビジネスをやっている、そしてビジネスに勧誘する意思があることを明確に告げる
  8. 肯定的な返事であれば事業説明会に参加させる。事業説明会後も契約の話はまだせず、次のセミナーへ参加を促す
  9. 何度か色んなセミナーに参加した後に契約の話へ。

これでもそれなりに省略したつもりなのですがそれでもこれだけの手順を踏んでいます。

いきなりビジネスの話をしたらブラインド勧誘になってしまうので相手が興味を持つまで話はせず、興味を持ったら日を改めて話す場を設ける、というのがポイント。

まあニューウエイズ自体過去に営業停止を食らったことがあるのである意味これくらい慎重になるのは当たり前のことです。

少なくともぼくが考える中でこの上ないネットワークビジネスの健全な取り組み方だと思います。

 

リゾネットの勧誘手法

つづいてリゾネットの手法について。

  1. 新しい人と出会う
  2. サシでお茶・ご飯に行く。この時にセールスレター※を見せる(初回で見せる人が多い)
  3. 興味を持ったら事業説明会のアポを取る。、
  4. 事業説明会参加、終了後に契約書にサイン

※リゾネット会員には誰でも同じ水準で取り組めるように勧誘のためのセールスレターが手渡されている。

ワンダーランドと決定的に違う点はサシでご飯に行く、って約束であるにもかかわらずセールスレターを見せて勧誘行為に至っている点。

あとは初回の事業説明会が終わった後にいきなり契約書へのサインを促す点ですね。

 

業務停止について

業務停止の理由についてHPより抜粋しますと

  1. 当該事業者の連鎖販売組織の会員が知人に連絡し、「今度よかったらお茶しませんか。」「会って話をしませんか。」などと言って、契約意図を隠して喫茶店等に誘い出す。
  2. 喫茶店等で、会員が「旅行関係の資料だけど、よかったら見てみるか。」などと興味を持たせてセールスレターを読ませる。セールスレターには、格安で旅行を楽しむことが仕事となり収入が得られる旨が書かれており、消費者がセールスレターを読み終えると、会員が「説明会があるから一緒に行こう。」などと誘って、後日、説明会に連れて行く。
  3. 説明会で、詳しい説明をする講師が「旅行をするだけでお金がもらえてとても楽しい。」「高額な年収が得られる。」「レターを見せるだけで簡単に紹介できる。」などと、あたかも簡単に勧誘できて儲かるかのような説明をする。さらに、「会員サービスの上限は10万人と決めている。おそらく年内もしくは来年に10万人を超えてしまう。早く登録した方がいい。」などと嘘を告げ、消費者を焦らせる。
  4. 3時間以上の長時間にわたる説明会の後、消費者に申込書面の記入を求める。消費者が断っても、複数の会員が周りを囲み、「今日登録した方がいい。」「いいから申請書を書いて。」などと執拗に勧誘し、契約締結を迫る。

http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2017/01/17/06_01.htmlより

太字はこちらで加えました。

 

文面を読んでみるとこれはダメだな、と思う点しかない。

というか、今振り返ってみると自分がセールスレターを見せた人たちに対して本当に申し訳なく思う。

 

元会員が見た内部事情

ぼくは2014年3月から約半年間リゾネットで活動していました。

当時と今では事情がだいぶ違うかとは思いますが当時の状況について話していきます。

まず、ぼくが見た限り事業説明会での執拗な勧誘は正直あまり目にしませんでした。
目にしなかった、というよりは異常に思わなかった、という表現が正しいかもしれません。

しかし、強引な勧誘につながるような手法は教え込まれていました。

一例としては、事業説明会終了後の契約書を書く時間になったら、「やるでしょ、はい、ペン!」といって無理矢理に契約書を渡す手法。

その方法で契約書を渡してた人は実際には見たことありませんでしたが、こういった手法を教え込まれていました。

 

今振り返ってみるとアウトなやり方ですね。

リゾネットを始めた方の中にはまっとうにビジネスに取り組みたい方が多いと思います。

ビジネスやるうえでまともな集客方法とかを学びたいのであれば、インターネットビジネスマニフェストで勉強された方が断然ためになりますね。

お得なことに、今なら2,980円かかるところが無料で読めてしまいます。

 

この人リゾネット?と思う人の特徴

過去にこちらの記事にてネットワークビジネスに取り組んでいる人の特徴について書いたことがあるのですが、彼らについてはほとんどの項目が該当しなかったりします。

そのため、ぼくが考える範囲では関わりを避けるための有効な防衛策が見いだせないです。

強いて上げるのであればその人のFacebookのタイムラインを見ることです。

 

リゾネットの人はSNSを積極的に活用しており、「旅行楽しかったー!」みたいなリア充感たっぷりの投稿が多いです。(ちなみに投稿にはリゾネットの名前は一切出てきません)

これも彼らの戦術の一つで、SNSに投稿することで友人に興味関心を持たせる、というものです。

Facebookで旅行に関する内容が多かったら疑ってかかってください。

 

おわりに

振り返ってみるとネットワークビジネスをやって上手くいかなくてよかったと今では思っています。

もしうまくいっていたら自分が加害者になっているわけですからね。

リゾネットは他の企業に比べて知名度が劣ってしまうのですが、これを機に少しでも多くの人に知られ、警戒してくれたらいいなと思います。

スポンサードリンク