虫コナーズは虫除け効果抜群!網戸、ベランダ、ドアに置いて徹底対策してしまおう

スポンサードリンク

部屋の中で虫を見かけると落ち着きません、つちまる(@tcdtkhs)です。

これからの季節、いやでも家の中に出てくるのが虫ですよね。

 

周りが自然に囲まれている我が家ではこれからどころか、もうすでに虫が部屋に入ってきているので対策せざるを得ませんでした。

今は本当に色んな虫の忌避剤が売られていて、用途に合わせてセットしたら虫という虫をほとんど見なくなりました。

まあ本番はこれからの季節なんですけどね。

 

今回は虫を部屋に入れないためにぼくが実際に取り組んだ対策について紹介します。

ちなみに今回は、ゴキブリ対策ではないのでゴキブリについて気になる方は他へお願いいたします。(当ブログでも近日中に書く予定)

 

虫を部屋に入れない対策

虫の侵入経路はいくつもあると思うんですが、主要な侵入経路としては

  • ドア
  • ベランダ
  • 網戸の隙間

から入ってくるでしょう。

それぞれの箇所に適した対策をする必要があります。

 

ドアからの侵入をブロック

ドアを開けた瞬間に何匹も虫が入り込んでくる。

そんな時はドアにつるすタイプの忌避剤がオススメ。

こちらの虫コナーズ 玄関用であれば効力の期間を選べるのがうれしいところ。

100日、150日、200日、250日、366日の中から選ぶことが出来ます。

ぼくは夏から秋の期間で対策をしたかったので150日用を選びました。

我が家ではこんな感じで取りつけました。

こちらを取り付けるまでは夜家に帰ってきたら蛾とか小さい虫がドアにたくさん張り付いていて困っていたのですが、

取り付けたことでビックリするほど激減しましたね。

ここまで効果があると思いませんでした。

 

網戸からの侵入をブロック

正しい?網戸の開け方

部屋が暑いけど冷房つけてばかりはちょっとな、、、って人は網戸にして窓を開けている人も多いと思います。

「網戸開けてるから大丈夫」って思ってると、隙間から虫が入ってきてるかもしれません。

穴が開いた網戸は論外ですが、実は!網戸って左右で開けた場所を間違えると隙間だらけになっちゃうんですよ。

これ意外と知らない人が多い。ちなみにうちのおかんもこのことは知らなかったです。

忌避剤を使う前にこれを覚えておきましょう。

 

上から見た窓の断面図ってこういう構造になってると思います。

外側にある窓の中央の枠が太くなっていて隙間を埋めている構造になっていると思います。

これと同じ構造の場合は右側の窓を開けるのが正解です。

ちゃんと網戸と窓の間の隙間が埋まっているので虫が入ってこれません。

 

反対に、左側の窓を開けて網戸にした場合こうなります。

左側窓の反対側には隙間を埋めるための枠がないため隙間が出来てしまいます。

そしてその隙間から入り込んでしまいます。

左右どちらに網戸を開けるか、だけでもかなり違うので網戸開ける際は確認してみてください。

 

やってみたけどそれでも隙間空いてるんだけど、、、という方は網戸の隙間を埋めるシールが摩耗してると思われるのでこちらをどうぞ。

 

 

網戸にも忌避剤を取り付け

網戸部分をもっと万全にするのであれば、網戸専用の忌避剤もあります。

ぼくは網戸に関しては隙間を埋めるだけで十分かな、と思って使ってないのですが、

コバエ1匹いるのすら許せない、という方は取り付けてもいいでしょうね。

 

ベランダからの侵入をブロック

もう網戸で対策しちゃってるんだけど、、、って思われるかもしれませんがベランダの段階でブロックしてしまうのも大事だと思うので。

ベランダ用の忌避剤もあります。我が家でも物干しざおにつるしています。

洗濯物干したりしているとどうしても窓を開け放しすることも多いですからね。

ベランダは結構重点的にやりました。

 

おわりに

というわけで、玄関・網戸・ベランダに分けて対策を紹介しました。

玄関については、玄関網戸を取り付けたほうがいいかな、と迷ったりしましたがドアを開け放しにすることがまずないのでこの対策はやめました。

それぞれの家に適した対策があると思うので、ぼくが実際にやった対策が参考になればいいな、と思ってます。

スポンサードリンク