今の時間を楽しめなければ将来も楽しめない、大事なのは今この時!

スポンサードリンク

今は楽しいけど将来のことは迷走しています、つちまる(@tcdtkhs)です。

将来のことどうしようかと考えていたのですが、結論として今をまず楽しく過ごせないと将来なんてどうにもならないのではないか、という考えにたどり着きました。

仕事は好きになる努力をすべき??好きなことを仕事にして3ヶ月経った今の心境について

 

ただ、よく聞くのが「将来のために今は我慢するときだ」という、今の時間を犠牲にすればもっと幸せになれるという理屈。

経済が右肩上がりに伸びていた昔ならまだしも、今の時代にこの理屈を当てはめるのはどうなんだろうか、と思うんですよね。

 

将来のことという、抽象的なものに縛られるヤバさ

悪い言い方をすると、ぼくは将来どうしたいかというビジョンを描くのを諦めました。

もちろん将来について考える努力はした方がいいのは確かなんですが、自分の価値観や考えなんてコロコロ変わっていく。

自分以上に、時代の変化の方が早いことだってあるわけですから”将来の目標”というものに縛られることが逆にヤバいことではないかと思うんです。

 

「今は楽しくないけど将来は絶対によくなる」って考えは目先の現実から逃げている

時間とお金を無駄にしただけだった、ネットワークビジネス

ここでぼくがネットワークビジネスに取り組んでいたころの話を少しします。

ネットワークビジネスへ洗脳されてしまったぼくの体験談

このころは、セミナーの中で

 

マルチのリーダー
まずは3年取り組むこと

と言って、最初3年間は辛くても取り組めば成功は難しいとしても確実に成長はできる、と教えられました。

 

ただ、ぼくとしては取り組んでいてまったく楽しくなかったんですよね。

それでも当時のアップラインから「3年取り組めば先が見える」ということを信じて、我慢して取り組みました。

結果としてこれは時間の無駄になるな、と思ったので1年で辞めました。

 

ネットワークビジネスから足を洗ってもう3年が経とうとしていますが、その時の1年間は本当に無駄だったな、と思っています。

楽しくもないことを我慢して取り組んで、気が付いたら時間とお金という希少資源を無駄にしただけでした。

 

「将来」というものに逃げていた当時

ネットワークビジネスに勧誘された社会人1年目当時、ぼくは東京での生活と慣れない仕事、そして見えない将来に対して不安を抱えながら過ごしていました。

けれどもそれを打ち明ける術も知らない、将来を打開できる策も見いだせないまま過ごしていた中で勧誘を受けました。

 

勧誘されたときから「マルチ商法」というものにいいイメージは持っていなかったのですが

つちまる
仕事で頑張っても先は見えないけどここで頑張れば将来は明るくなるんじゃないか

という思いで取り組むことを決意したことを覚えています。

 

けどネットワークビジネスに取り組んだ是非は置いとくとしても、「将来明るくなるから」取り組むって発想が間違いだったんです。

結局の問題は「今どんな現状にあるか」ということ。

ここを打開して楽しくする方法を考えずに「成功したら将来こんな生活ができる」という、未来のことに逃げていただけだったんです。

 

大事なのは「今この時」。今が充実していれば将来もいいことが来る

将来のことを考える努力はした方がいいとは思いますが、まずは「将来どうしたいのか」の前に「今楽しんでいるか?」ということの方が大事だと思っています。

今が楽しくもないのに「将来のために頑張ってます」というのは「今この時」からの逃げでしかない。

ぼくは高校の時にテニスを始め、他の部活動に比べて忙しいながらも楽しく取り組んでいましたが、そのおかげからかテニスに誘われることもあったし、なにより大学で素敵なサークルに巡り合えましたしね。

テニスサークル=飲みサー?ぼくが経験した飲みサーの雰囲気から内情について詳しく語りますよ

もちろんテニスを始めたのも将来が良くなるとか考えたことも無いです。

やりようによっては進学に強くなるかもしれませんが、進学とも結びつけなかったですし。

あの時楽しくやれていたからこそ高校の部活を終えた後にもいいことが舞い込んできたのだと思っています。

 

まずは自分が「今この時」を楽しめているかが第一。将来のことはそれからでもいい。

 

 

スポンサードリンク