しつこい引き留めがあっても気にしない!ぼくがネットワークビジネスを辞めたときの状況

スポンサードリンク

つちまる(@tcdtkhs)です。

今日、珍しくブログ読者の方からお問い合わせがありました。

案件はネットワークビジネスの脱退の仕方について。

その方はやめる旨を紹介者に伝えはしたものの、強い引き留めにあったために後日直接会って話をすることになってしまったのだそう。

ぼく自身、ネットワークビジネスから足を洗ってもう3年が経とうとしています。

 

振り返ってみると、ぼく自身もネットワークビジネスを辞める際にしつこく引き留められました。

電話で30分1時間と延々と話を続けさせられ、、、

 

そしてブログではネットワークビジネスの体験談は語ったものの、辞める経緯についてはあんまり触れてなかったな、と思ったのでこのタイミングで書くことにしました。

もし今、ネットワークビジネスを取り組んでいたけどイヤになって辞めたいけど、、、と悩んでる方の後押しになればいいと思ってます。

 

ぼくがネットワークビジネスを辞めるまで

過去記事にある通り、ぼくはニューウエイズのワンダーランドとリゾネットの二つのMLMを経験しています。

この二つともで辞めるにあたってしつこい引き留めに遭いました。

ワンダーランドを経てリゾネットを経験し、その後完全にMLMの世界から足を洗った流れですが、

具体的に順序通りに説明をしていきます。

ぼくのMLM引退までの道のりは、まずリゾネットからの勧誘から始まりました。

2014年2月中旬ごろ ワンダーランド活動中にリゾネットの勧誘にあう。この時点ではリゾネットを拒否
2014年3月初め ワンダーランドでの活動に限界を感じ、この先どうしようか悩む
2014年3月中旬 ワンダーランドは抜けたい、けど借金も早く返済したい。そんな思いでリゾネットの紹介者に再度連絡し、セミナーへ。
数日後、セミナーに参加し、リゾネットで契約。
2014年4月中旬まで この時点まではワンダーランドとの活動を並行して行う
ある日、ワンダーランドの紹介者に今後どうするのかと問われたため、辞めることを宣言
2014年4月中旬以降 リゾネットでの活動を本格化。
2014年10月下旬 退職に伴い、親戚の住む名古屋へ戻ることを決断。
このタイミングでリゾネット、そしてMLMから足を洗うことを決意

 

ワンダーランドではまず成功できないと確信したぼくは悩んだ挙句、一度断りを入れたリゾネットに行くことにしました。

そしてリゾネットと契約し、ワンダーランドを脱退。

けどリゾネットでも上手くいかず、それに伴い勤めていた会社を辞めることになりました。

借金もかさみ、当時住んでいた千葉での一人暮らしの生活を維持できないということから親戚が住んでいる名古屋に行くタイミングでリゾネットも脱退したという流れです。

 

余談ですが、リゾネットは名古屋でも活動していますがリゾネットはチームの方針的に地方での活動は積極的ではありませんでした。

そのため、名古屋でリゾネットを継続するという選択肢はありませんでした。

 

辞めると話したときのこと

ワンダーランド編

これまでセミナーには毎回参加していたのですが、リゾネットと契約した3月中旬くらいからセミナーには人が変わったように行かなくなりました。

当時はリゾネットの方が可能性は感じられたし、何より時間が勿体なくて。

とはいえ、「やめる」と切り出すタイミングが無かったのでこの時は実質掛け持ち状態。

 

リゾネットのチームメイトからも

リゾネット会員
いつ辞めるの??今でしょ!

とか言われまくってました

※当時流行ってた

 

そして、セミナーに行かなくなったことにしびれを切らしたワンダーランドのアップラインから電話が来て、

ワンダーの紹介者
これからどうするつもりなの??

という、軽い説教じみた電話が来ました。

これは言うのは今しかない!と思い、

つちまる
他にやりたいことが出来たので辞めまーす

と言いました。

ちなみに「やりたいこと」というのはリゾネットでの活動ですが、他のMLMのために辞めると言うとややこしくなると思ったのでここでは伏せました。

 

それからは1時間近く引き留めに遭いました。

会話の中身が薄すぎて詳しい内容は覚えていないですが、

ワンダーの紹介者
辞めたところで後悔すると思うよ
ワンダーの紹介者
のやりたいことってワンダーでの活動より大切なことなの??

こんな尋問じみた会話が1時間近く続きました。

つちまる
なんでそんなことまであんたに話さないかんねん

と思いながらも適当に話して過ごしました。

 

結局、向こうもぼくの辞めるという意思が折れないと分かったのか電話が終わり、無事ワンダーランドへの脱退が出来ましたとさ。

 

リゾネット編

リゾネットでは半年間ほど継続しましたが、こちらもやはり上手くいきませんでした。

なにより、ワンダーランドの時よりも周囲の人がキャピキャピ過ぎて嫌でした。

 

リゾネットを辞めることになったきっかけは東京を離れて名古屋へ戻るため。

東京に残ってリゾネットを継続するよりも名古屋へ戻りたいという気持ちが強かったのでそれに伴ってリゾネットを辞めることにしました。

 

その旨は、まず紹介者に伝えました。

内心ワンダーランドの時みたいにねちっこく引き留めに遭うのかと思いきや

リゾネットの紹介者
そっかー。まぁ名古屋でも頑張ってな

ちょろ過ぎて笑ってしまいました。

 

しかしなぜか覚えていませんが、ぼくはリゾネットの時は小規模のチームを率いていたリーダー、紹介者の更に上の人にも伝えました。

なぜすることにしたのか覚えてないこの選択が悲劇でした。

つちまる
名古屋に戻るので辞めまーす
リゾネットのリーダー
一度○○(紹介者)からのを断っといてそれってどういうことなの!?
リゾネットのリーダー
名古屋に戻るとか逃げてるだけじゃないの??
リゾネットのリーダー
××ちゃんはお金ない中でも踏ん張ってやってるんだよ
つちまる
ぴえ~~

 

怒涛の引き留め言葉に遭いまくり、ワンダーランドの時とは違って電話で終結とはいきませんでした。

とはいえ、目の前の生活すらままならない状況だったのでしばらくしたら東京に戻る可能性も含みつつ、とりあえず名古屋には戻ることにしました。

名古屋に戻った当初はまだ紹介者とやり取りは続いていたのですが、ある日

リゾネットの紹介者
オレリゾネット辞めるわ

という連絡を受けたのでもうやめてしまおう、ということでリゾネットも辞めることになりました。

ちなみに先述のリーダーとは何もやり取りはしていません。うやむやになったまますべてが終わりました。

 

「これから辞めたい」人へのアドバイス

まずは逃げてもいいと自分に言い聞かせること

あれから3年近くがたった今、ぼくも普通の生活に戻ることが出来ました。

ブロガーであること、栃木の盆地で生活していることが普通かはさておき、今は借金もなく宗教染みた環境に身を置くこともなく平穏な気持ちで過ごせています。

 

「MLMを辞めたい」という相談があった場合の一番のシンプルな回答は「アップのことなんて気にせず辞めてください」なのですが、

そもそも「逃げる」という選択肢を奪われ、成功するまで続けるべきという思想に洗脳されてしまった彼らにこのアドバイスが的確とはとても思えません。

まずは「逃げてもいい、辞めてもいい」と認めるところからかな、と思います。

 

「あきらめなければ夢はかなう」は身を滅ぼす

ぼくがMLMを辞めてから読んだ本にこんな感じのことが書かれていました。

「あきらめなければ夢はかなう」と妄信し続け、「将来への投資」と正当化して必要でもない製品を大量購入を継続するのはもはや自爆行為としか思えません。

ギャンブルに「損切り」という言葉がある様にどこで手を引くかが大事です。

 

MLMに取り組んだことがある人はビジネスセミナーの中でアップラインから

スピーカー
MLMは失敗しても元に戻れるから

という言葉に安心して取り組んだ人もいると思います。

確かにぼくはネットワークビジネスに失敗したけど元に戻れました。

けど、160万円の借金を背負ったためにすぐには元の生活を送ることが出来ず、元に戻るのに2年はかかりました。

その2年を別のことに使えればもっと充実した生活を送れるかもしれませんよね。

 

「これはヤバいな」と思ったときが一番の辞め時です。

まずその直感を信じることから始めましょう。

 

辞めたい理由を話す必要はない

辞めたいと思ってる人にとって一番ハードルになってるのは周囲からの目ではないかと思います。

ぼくもそうでした。

「成功できる気がしないから」「もうやってて辛いだけだから」なんて弱気なことを言おうものなら紹介者、そして他のチームメイトから何を言われるか分からない。

 

けど、わざわざやめたい理由を丁寧に話す必要ってあります??

そりゃ、なんでなのかくらいは気になるところではありますけど普通だったら話したくないなら深堀する気にはならないし、

その理由に対してその人がどう思うか、なんて関係のない話じゃないですか。

 

下手に具体的に話をすると、その話に穴を見つけ出して引き戻そうとしてくることになるだけです。

なので最低限の理由以外は話す必要はない、こう考えるだけで大分楽になります。

 

この辺は、MLMだけでなく会社を辞めるときでも同じことですね。

実際にぼくは会社を辞めるときにこの方法を取ったのでかなり気楽に辞表を出せました

 

紹介者は前向きに考えてることで目の前の現実から逃げてるだけではないか?

ネットワークビジネスを辞めるという選択肢をしている時点で、あなたは他のネットワーカーよりも自分の問題を冷静に見れています。

反面、あなたを全力で引き留めに来る紹介者はどうでしょうか。

「まだまだこれからだよ」「あきらめなければ夢はかなう」そんなことを口にしていますけど、

逆に言うとそれ以外の選択肢に目を向ける度胸が無いから前向きにふるまって自分をごまかしてるだけではないでしょうか。

 

新しい環境に飛び込む度胸もない人がポジティブな言葉を発したところで説得力を持ちません。

やみくもな「ポジティブシンキング」はただの現実逃避です。後ろ向きな考え方は決して悪いことではないです。

 

おわりに

ネットワークビジネスを取り組んでいた当時はベンツに乗って、湾岸の高層タワマンに住んで、優雅に過ごして、というのが幸せな夢、という価値観を刷り込まれていました。

現在、ぼくはベンツには乗ってないし、ど田舎のアパート住まいだし、仕事は繁忙期に追われて大変だし、という状況ですが十分すぎる生活が出来ています。

 

「やめたい」と悩んでるあなたに質問しますが、「ベンツに乗る」「タワマンに住む」というのはあなたの本当の夢なのでしょうか?

大半の人は元からそんな夢は持ってなかったと思います。ぼくらよりも下の世代は特にそうでしょう。

 

ネットワークビジネスに出会って、いわば「すごい人」の生活が幸せであることを刷り込まれて追いかけているだけではないか、と思います。

そんな「他人の夢」を追いかけてるという状況こそぼく自身、ネットワークビジネスを取り組んでいた時と重なります。

最近勧められた、この本を読んでまさにそうなんだな、ということに気付きました。

今追いかけているものはあなたが本当に欲しい物なのか、自分に問いかけてほしいものです。

スポンサードリンク