安価で服をコーディネートしたいならマンガ「服を着るならこんなふうに」をまず読むといいよ

スポンサードリンク

私服にお金は掛けたくありません、つちまる(@tcdtkhs)です。

以前別の記事でも書きましたが、服には極力お金をかけたくありません。

けど、それでもオシャレはしたいです。

 

しかし、お金をかけずにおしゃれするという、一見すると贅沢な悩みをどう解決すればいいのか分かりませんでした。

そんな時に、「服を着るならこんなふうに」というコーディネートを題材にしたマンガを見つけました。

今日は、服に予算は掛けられないけど私服はおしゃれでいたいって方はまずこのマンガ読むと良いよってお話です。

 

「服を着るならこんなふうに」ってどんなマンガ?

あらすじ

私服センスの無さに定評があった主人公の祐介は、仲の良い地元の友人と飲みに行った。しかし、見ない間にその友人はおしゃれになっていたために自分のセンスの無さに絶望してしまう。

ショックで落ち込んでいたところ、アパレルの知識がある大学生の妹の環(たまき)から「おしゃれになればいいじゃん」と励まされ、オシャレになる決意をする。

オシャレになるためのお金がない祐介だったが、環からファストファッションでも十分にオシャレになれるということでコーディネートのイロハを学ぶ。

環からオシャレの基礎を叩き込まれ、祐介の私服センスのレベルはみるみる上がっていくのであった。

筆者の主観であらすじを書いています。実際の書籍の内容とやや異なるかもしれませんが、そこはご愛敬で許してください。

 

マンガの内容

あらすじの通り、主人公の祐介はお金がないという設定のため、「服にお金をかけられないけどオシャレに着こなしたい」という人にうってつけのマンガです。

作中には「ユニクロ」「GU」「ABC Mart」といった実在するファッションブランドが出てくる所もポイント。

実際に販売されている衣類のコーディネートの方法とか、色のバランスとかも学べるのもファッション素人にはありがたいところ。

 

ちなみにマンガのアドバイザーはファッションブロガーのMBさん。

 

ファストファッションのコーディネートのポイント

どんなことが書かれているのか、気になるかと思いますので一部抜粋します。

 

手始めの揃えるのは黒のスキニージーンズ

コーディネートを整える役割を果たしている「ボトムス」が完成されていないことには、いくらトップスを変えてもなかなか様にならないのです。

(中略)

オシャレに見せるキーワードの一つが「大人っぽさ」です。男性は落ち着いた大人っぽさが、有史以来、人が魅力を感じる要素です。そして、それを象徴するものがスーツです。

引用;服を着るならこんなふうに (1) (単行本コミックス)

教わらないと分からないですよね、こういう事。

トップスをいくら工夫しても、ボトムがダメだったら全体的にも良くならないみたいです。

 

そして、ポイントになるのが「大人っぽさ」。

確かに、黒色ってなんか大人っぽい感じしますよね。そういう意味で最初にそろえるべきなのは黒のスキニージーンズなのだそうです。

日本人には胴長短足が多いという現実

全然気にしたことなかったのですが、そうらしいです。

モデルさんとかって足が長いイメージありますよね。

足が長く見えるとオシャレにより見せられるということです。

 

じゃあどうするの?って話ですが、

足を長く見せるためには下半身は同系色でまとめることでそう見せられるらしいです。

黒ジーンズであれば黒系統の靴を履く、みたいに。

 

首・手首・足首の3か所に視線が集中しやすい

首・手首・足首の3か所は周りからの視線が集中しやすい、つまりこの3か所を細く見せられることで全体的にシャープになるみたいです。

作中では、下半身がゴツイ祐介の友人がジョッパーズパンツを履くことでかなりスリムに見せられるシーンがありましたしね。

ジョッパーズパンツ

  • 元々は乗馬用で、ウエストや太ももには(幅の)余裕がある
  • 乗馬ブーツを履くために先(足首部分)を補足してあるパンツのこと

参照:服を着るならこんなふうに (3) (単行本コミックス)

 

などなど、ここでは紹介しきれないくらい目からうろこな情報があります。

もうそろそろ「おしゃれするならお金かけないといけない」という常識とおさらばしましょう!

 

おわりに、つちまるはオシャレになったのか?

最後にですが、誰も興味を持たないであろう、ぼくが実際にこの本を読んでオシャレになれたかどうかを実際に写真を撮ってアップしてみました。

過去の写真探してみましたが、自分の写真が手元に少なすぎて全身が写ってるものがありませんでした。

左の写真は3年前に撮った写真。カーディガンを肩にかけているのは動いて暑くなったためだと思う。

右の写真が現在の写真。

 

3年前に来ていた服は、学生時代から着ていたもので、まだ服装が若い感じがします。

けど、この漫画を参考にしてコーディネートしてみたところ、当時よりもかなり大人っぽくなれたのではないかと自己分析しています。

まさに「劇的!ビフォーアフター」でした(^◇^)

 

現在、5巻まで発売中です

 

スポンサードリンク