バードウォッチングのオススメの時間帯が早朝である理由

スポンサードリンク










つちまる(@tcdtkhs)です。

実は、バードウォッチングにもよく見やすい時間帯というのがあるのです。

その時間が早朝の時間。

この時間が実は、鳥が活発でさえずりをすることが非常に多いのです。

バードウォッチャーとしてはここ、抑えておくべきポイントですよ。

 

なぜバードウォッチングは早朝がいいのか

早朝ほど野鳥が活発している時間はありません。

よく動き回るし、さえずりもよく聞こえるので探しやすいです。

 

どうして野鳥は早朝にさえずるのか

実際に朝の早い時間に森を歩いていると、賑やかなくらい野鳥のさえずりが聞こえます。

朝早くに「ここは俺の縄張りだぞー!」とアピールをするためにさえずりをするのだと言われています。

そのため早朝の時間がさえずりが一番聞きやすいのです。

野鳥のさえずり

野鳥がさえずるときは主に二つの理由からと言われている

  • 自分の縄張りであることをアピールするため
  • オスからメスへの求愛行動

逆に、昼間から夕方の間はさえずりはかなり少なくなります。

探鳥会プログラムとかの時間を見ると分かるのですが、ほぼすべてのプログラムが朝の早い時間から組まれています。

こちらの知床で行われているバードウォッチングプログラムなんかは朝の5:30-7:00から組まれているくらいで、それくらい早朝の時間こそゴールデンタイムと言えます。

 

春の季節は恋の季節、四季を通して更に多く聞こえるかも??

さえずりには自分の縄張りであることをアピールするだけでなく、オスからメスへの求愛行動のためにとるとも言われています。

特に春の季節は、これからの繁殖活動に向けてカップルを見つけるために、オスがよりたくさんさえずるとも言われています。

 

 

早朝の具体的な時間帯について

バードウォッチングをするのに早朝である必要があるのはよくわかった、じゃあ具体的に何時から?という疑問が出てくると思います。

ぼく自身も頻繁に朝早く森を歩いたりするわけではないのですが、朝の6時から8時、9時までの時間帯は鳥のさえずりは賑やかに聞こえてきますね。

 

ただ、他のサイトでも調べてみたところ、野鳥が本当に賑やかな時間帯はまだ日の出ていない2時、3時くらいなんだそうです。

参考:http://www.digisco.com/mm/dt_62/toku1.htm

あまりに早すぎても暗すぎて野鳥を見るどころではないと思うので、まあ6-9時くらいが一番いい時間帯じゃないですかね。

 

おわりに

というわけで、バードウォッチングをするのに一番いい時間帯はさえずりが良く聞こえる早朝の時間帯でした。

この時間に合わせるためには、早起きが必須ですねー。

早起きするのが辛いというのであれば、光目覚まし時計inti4(インティ フォー)を導入してみるといいかもしれません。

寝起きの時に光を浴びることで体内時計が整い、快適に起きられるという原理なのだそうです。

とりあえず早起き、頑張りましょう。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。