初月無料のAmazon Audibleを車で再生する方法―最大1500円相当還元キャンペーンもあり!

スポンサードリンク










つちまる
車を運転してると何もできないから辛いよなー

ドライブしていると、一度は誰しもこんな風に思うことあるのではないでしょうか?

つちまる(@tcdtkhs)です。

 

Amazonのサービスで、本の朗読サービスがあるのをご存知ですか?

Audible (オーディブル) – 本を聴くAmazonのサービスという名前のサービスなのですが、

ビジネス書をはじめ、20以上のジャンルの書籍を”聴く”ことができるサービスなのです。

 

今まで読むことでインプットしていた書籍を、今度は聞くことでインプットできるという画期的なサービスです。

運転中何もできないドライバーにとっては音楽を聴くのと同じ感覚で読書が出来るうれしいサービスです。

 

Audibleを車のスピーカーで再生する方法

退屈なドライブのお供になるのはわかった、じゃあどうやって再生するのか?と言う話です。

Audibleはスマホやタブレットなどのアプリからの再生になり、MP3データなどを入手することはできないのでスマホやタブレットが必須となります。

スマホやタブレットを爆音再生するという方法もあるかもしれませんが、せっかくなら車内オーディオに接続した方が耳に入りやすいですよね。

ここではスマホ・タブレットをオーディオに接続する方法を書いていきます。

 

スマホ・タブレットをFMトランスミッターにつなぐ

古典的な方法ですが、スマホをFMトランスミッターに接続して再生する方法です。

FMトランスミッターはカーラジオとシガーソケットさえついていれば使えるので古い車であっても対応が出来ます。

ただし、これから紹介する方法の中で最もノイズが入ります。

ノイズを最小に抑える方法については当ブログでも書いているのでどうぞ。

FMトランスミッターのもう一つのメリットとしては、USBケーブルも接続できることです。

つまり、シガーソケット一つでFMトランスミッターはスマホの接続と充電を担えるというわけです。

 

カーオーディオをAUX端子に接続する

カーオーディオについているAUX端子に、AUXケーブルを用いてスマホ・タブレットを接続する方法です。

年式10年以内に販売された車であれば大体ついていると思います。

ぼくの車(2004年式)にはついていないので使えないのですが、オーディオに直接接続している分ノイズとかはFMトランスミッターに比べると格段に少ないと思われます。

AUXケーブルを買うのであればこんな感じのスマホを充電しながら使えるようなコードとか便利そうですねー。

 

内蔵カーナビへBluetoothで飛ばして再生する

やや最新モデルにおける話になりますが、Bluetooth搭載の内蔵カーナビにBluetoothで飛ばしてカーオーディオで再生する方法です。

一番スマートな方法と言えるでしょう。

ただしスマホからBluetoothで飛ばすのは電池の消耗がかなり激しくなるので充電必須になるのでその点だけは注意が必要ですね。

 

Audibleは1か月間無料体験可能、更に最大1500ポイントもつく!

1か月間無料体験でお試しできる

Audible は最初の1か月間は無料で体験が可能になります。

本を聞くってあんまり馴染みのない感じなので合うか合わないかを見極められるという点でありがたいサービスですよね。

ただし、プライム会員でないと使えないのでまずはプライム会員になる必要があります。

 

3か月間で最大1500円分付いてくる

無料体験に申し込みをされた方は、登録初日から3か月間、本を聞いた日数に応じてポイントがもらえます。

1か月にもらえる最大のポイントは500ポイント、これが3か月間なので最大で1500円相当のポイントがもらえ、お得にお買い物が出来るようになります。

1日5分以上、本を聞けば100ポイント。月5日を3か月間やればもらえるということです。

 

ただし、無料体験の登録日から1か月間以上会員継続されている方が対象になります。

つまり無料体験だけで退会されるとポイントが付与されないんです。

 

まとめ

まとめます。

  • Audibleはスマホ・タブレットなどにアプリをダウンロードして聞く必要がある。
  • そのため、車でaudibleを聞く方法はFMトランスミッター、AUX端子に接続、内蔵カーナビに飛ばす方法がある
  • Audibleは1か月間無料に加え、3か月間で最大1500円相当のポイントが付与されるキャンペーンがある。
  • ただし、プライム会員限定

このサービスがあることで運転している時間を効率的に使えそうです。

ただしくれぐれも安全運転をするように。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。