長期間の旅行にかかる費用を節約できるサービスをまとめてみた

スポンサードリンク










こんにちわ。

突然ですが実は今、フィンランドのヘルシンキにいます。

そこからアイスランドへ移動し、そこで10日間ほど海外ボランティアに取り組んでくる予定であります。

 

海外に入ったことはあるのですが、航空券とかは全て親とかにやってもらっていました。

つまり、ぼくは一からの手続きで海外に行くのは初めてなので本当にわからないことだらけでした。

「航空券とかどうやって取るの?」「ホテルはどうやって探そうか」諸々手探りしながら手配して、今に至ります。

そこで今回は海外の旅行を手配するにあたってお勧めのサービス、そしてついでに国内での長期間旅行でも使えそうなサービスをまとめてみました。

 

航空券およびホテル

航空券やホテルを手配するのであればエクスペディアがオススメです。

複数の航空会社の中から選んで最も低価格・乗り継ぎ回数の少ない便を提案してくれます。

ついでにホテルの方も予約できてしまうので時間をかけることなく済ませられます。

 

旅行用品レンタル

スーツケースをレンタル

スーツケースを持ってる人は多いかと思いますが、あなたが持ってるもの、大きすぎたり小さかったりしてませんか?

恵まれていることに今は何でもレンタルできてしまう時代。

レンタル業者から適切なサイズのスーツケースを借りてしまえばコストをかけることなく、旅行後に押入れのスペースを圧迫することがないので使うしかないですね!

「旅行は好きだけど長期旅行はさすがになかなか行かない」って人に勧めたいですねー。

 

ぼくは今回の旅に向けてDMMいろいろレンタルにて96Lのスーツケースをレンタルしました。

40Lサイズと70Lサイズの二つを持ってはいるのですが、さすがに100L近いサイズを使う機会はめったにないのでレンタルで済ませました。



 

旅行に必要な備品類

ちなみに今回は、スーツケースだけでなくドライヤー、電源変換プラグ、パスポートケースもレンタルで済ませました。

これらは【アールワイレンタル】 で済ませました。

ドライヤーって結構海外では使えないものが多くて、ぼくが持ってるものも海外適応してなかったんですよね。

逆にドライヤー持っていく際は、「海外対応」と記載があるかをちゃんと確認するようにしましょう。

手持ちのドライヤーが海外対応していないとはいえ、アイスランドみたいな極寒地で頭洗った後に髪を乾かさないのは自殺行為に等しいです。

なにかないかと探していたところ、ここではドライヤーをはじめとして色々レンタルサービスをしていたので助かりました。


 

あ、分かってると思いますが海外で日本の電化製品を使おうと思うと変換プラグが無いとダメですよ。

↑こんなのですね。

2000円くらいなので買ってもいいかな、とは思ったのですが今後海外に行くか分からないしあっても邪魔なだけなのでこちらもレンタルで済ませました。

パスポートケースはただの送料無料にするために借りただけです。まあ最悪ケースは無くても何とかなりますからね。

 

旅行用品をレンタルで済ませることでどれだけ節約できるのか

ここで気になるのが、旅行用品を実際にレンタルしたことでどのくらい費用を抑えられたのか、ということ。

というわけで、計算してみました。

今回は14日間借りた場合を想定しての計算です。

 

全部購入した場合

  • スーツケース(94L)→30,000円
  • 変換プラグ→1,800円
  • パスポートケース→1,300円
  • 海外対応ドライヤー→3,000円

合計:36,100円

※価格はあくまで目安になります。

 

全部レンタルした場合

  • スーツケース(94L)→7,460円
  • 変換プラグ→990円
  • パスポートケース→990円
  • 海外対応ドライヤー→990円

合計:10,430円

※スーツケースをDMMレンタル、それ以外の備品をR&Yレンタルにて済ませた場合

 

差額

購入した場合とレンタルした場合

36,100-10,430=25,670円

25,000円も違うことが分かりました。

つまり、海外旅行3回行くのであれば元は取れますが、行く予定が中々無いのであればレンタルで済ませるのが断然お得だといえます。

 

おわりに

一昔前と違って今はネットだけで簡潔に済ませられ、今後使うかどうかも分からないものをわざわざ買う必要もないんですよ。

レンタルサービスもスーツケースやドライヤーだけでなく防水用デジカメだったりカバンも借りられるのでまずはいろいろと探してみるといいです。

 

あとは、レンタルサービスは今回二つ使いました。料金体系が結構違ってたりするのでどちらが安くなるか見比べたほうがいいですね。

計算してみると値段も結構違ってたりするので。