東京嫌いの僕でも若いうち数年間は東京に住んだ方がいいと考える理由

スポンサードリンク










こんにちわ。
気が付けば東京とかいうどこへ移動しても人ばかりの街から離れてもう1年半になります。
今は名古屋に住んでるのですが、街全体が薄く広がっている感じなので人自体は多くても人が密集してるって感じはしないんですよね。

 

実際名古屋で密集してるのって名駅、栄、大須、ぐらいじゃないか。
要点抑えればかなり快適な都会ライフを過ごせます。

 

東京みたいにどこも密集してる、って感じじゃないので正直なところもう東京には戻りたくありませんね。
普段の移動からストレスになるので。

 

東京はもうこりごり。けど、メリットも大きい

とはいえぼくも、東京が嫌とはいえ東京で生活してたことに対しての後悔はしてないです。
むしろ東京で沢山のことを学ばせてもらったと振り返ってみて思います。

これは名古屋では得られないことで、おそらく大阪でも得られないのではないかと思います。
だからぼくは、若いうちの数年間はせめて東京で暮らすことをお勧めしたいです。

 

とはいえ都内では物価がめちゃくちゃ高くて住みにくいという問題に直面します。
(名古屋駅6.08万円に対し、新宿駅10.08万円、渋谷駅で12.40万円。HOME’Sより、2016/10時点での相場)

 

確かに都心に近いところに越したことはないんですが、そのハードルを越えられないのであれば八王子とか都心部から離れてもいいし、なんなら住居だけ横浜、さいたま、千葉あたりに構えてもいいと思います。

 

かくいうぼくも学生時代は川崎市、社会人2年半は松戸市(千葉県)で過ごしてましたからね。
一度都内で物件を探したこともありましたがどうしても家賃が跳ね上がるので断念しました。

 

ぼくが考える東京で過ごすメリットは2つあります。

 

① たくさんの人の価値観と触れ合える

東京には全国からたくさんの人が就職、進学などで毎年流入してきており、人口増加は社会問題になっている。

実際にこれ以上東京に人が集まると日本の将来的によろしくないし、元から東京に住んでる人を圧迫することもあり得るのであまり勧めたくはないのだがこの点だけは他の地域では触れ合えないのは間違いないでしょう。

残念ながら名古屋には、東海三県(愛知・岐阜・三重)と少数の静岡の人、あとはほんの一握りの首都圏から来た人くらいしかいない感じがあります。

まれに他地域から来た、って人もいるけど実際に東京にいたときに比べるとかなり少ないですね。
色んな地域の人たちと話してみると文化の違いとかもあって面白いですからね。

将来的に地方に移住してみたい、って人も遠回りかもしれないですけど情報収集につながるかも

 

② 自分が興味あることに触れやすい

これもたくさんの人が集まるからですが、100人いたら100種類の情報が集められますからね。

自分が興味ある未知の分野の情報を仕入れたり、その道に精通している人が東京には大体いるので何か新しく始めたい、って人には本当にいい環境ですね。

実際にぼく自身も「ネイチャーライティング」というのに興味があるんですが、まあそれに関する情報が本当に少なくて。

ようやくセミナー情報を知れたと思ったら東京でしか開催してませんでしたね。

というわけでネイチャーライティングを学ぶために今週末に東京に行ってきます。
きっと自然観察の記事で役に立つはず。

 

 

まとめ

住むのにはいろいろデメリットも大きい東京ですけど、人が集まるのにはやっぱりそれなりの理由があるんだなって書いていて気づきました(笑)

東京は嫌なので仕事で異動を命じられない限りは名古屋に残る予定ですが、この点を考えると東京にいる人が羨ましいですね。

 

若いうちは東京に住んでみて、合わなければ地元に帰ればいいんですよ。

ぼくも実際にそうしてますからね。

それでは今日はこの辺で(^-^)/