今年就活生のみんな!就活塾なんて意味ないから本を読もう、好きなことに打ち込んでいこう!

スポンサードリンク










こんにちわ。
ネットの速度制限に引っかかってブログの更新がしづらいです。
本当に速度制限には気を付けないと。めっちゃ不便だ。

 

さてさて、今日は就活の話を。

今大学3年生の人たちは「これからだ、どうしよー」って悩んでる人もいるでしょう。
4年生の人たちは内定の出ている人、出てない人それぞれいて一喜一憂しているでしょう。

 

もう5年前、ぼくも就活で相当消耗しましたからね。
特にぼくらの年代は東日本大震災とかぶって選考スケジュールが大幅に乱れてモチベーション維持がめっちゃ大変でしたね。
まあぼくの思い出話はこのくらいにしといて、

 

ちょっと前にちらっと就活塾に関するニュースを目にしたので今日はぼくの経験も踏まえて書いていきますよ。

 

最初に結論を


単刀直入に言うと、全くもって意味がない。

 

理由はあとで書いていくけど、ぼくも数か月間だけ通っていて得たものってなんだろう?ってくらいなにも無かった。
ぼくが通ってたとこ、実名出すと名誉棄損になりそうだから通称”IKJ”ってするけど、
「私たちについて来れば成功できるよ~」みたいな感じの洗脳があって今思い出すと何だったんだろう、あれは、、、って感じ。

 


どんなことするの?


ちなみに就活塾ってどんなことするの?って気になる人もいるので簡単に説明すると、
・ビジネスマナー
・エントリーシート書き方指導・添削
・面接指導・練習
・自己分析指導
・人間力向上セミナー(笑)
・ビジネス英語講習会
・身だしなみ講習

 

こんなことをやっています。
5年前のIKJでは上4つをやっていました。塾によって他にも色んな事が学べるそうです。

 

費用は塾にもよるけど年間20万前後だったり月2万円だったりと料金体系も様々。
塾の数も相当数あるみたいなので市場としてはかなり盛況なんでしょうね。

 


意味がない理由


で、ぼくが意味がないと断定する理由は
1.知識面ではそもそも本を読むだけで十分に会得できることだから

まず第一がこれ。毎月数万円の講習料払うくらいなら1000円程度のビジネスマナーとかESの書き方に関する本を買った方がいいです。

 

こんなの人から教えてもらうものでもないですし今ならネットでサッと調べりゃいくらでも出てくることですからね。
てかこのくらい大学の就活センターで教えてくれるし。

 

2.人間力って人から教わるんじゃなくて自分で気づいて身に付ける物だから

 

よく自己啓発書に書かれている「○○を実践することで人は変わる」みたいなの、読んだら人は変われると思います?
99.9%変わることは無いですよね。
変わりたいなら自分が興味ある事にとことん取り組んでいきましょう。

 

就活塾通うくらいならそこに時間を充てるべきです。

 

学業、アルバイト、サークル、留学、ボランティア、なんならゲームでもいいんじゃない?
ゲームだとESに書くネタにはならないでしょうけどw

 

3.変なイベントに参加させられて時間の束縛をされる

 

ぼくが就活塾通ってて一番消耗したのはこれ。
不定期によくわからないイベントがありまして、
それが「みんな来るよね?」みたいな変な同調圧力があったんですよね。

 

「就活があるんで」って言ったところで「そのスケジュールを調整するんだ!」みたいな流れになってて、、、
就活有利にするために行ってるのに就活が二の次になってるじゃん!って。

 

しぶしぶ会場まで片道90分のよくわからないところにまで足を運んだのを覚えています。
本末転倒だよなー(*´з`)

 

ぼくの経験からこの3つの点から行ったところで意味がないよな、って思います。

 


それでもメリットはあるのか?


それでも盛況しているわけですが、ぼくの経験も踏まえた就活塾のメリットは
・他校の人とつながりを持てる
・就活の情報を共有しやすい
・気軽に面接対策とかES添削してもらえる仲間ができる

 

といった辺りでしょうが、他の手段で十分に代替できますね。

 

他校の人とつながるなら一番身近なところでサークルとアルバイトでいいし、学生ボランティアとかでもかなり幅広くつながりができそう。なんなら学生同士が集まるオフ会とかに参加してみるのも一つの手だと思うし。

 

就活の情報共有だったり面接対策ができるって点もFacebookのコミュニティに一つや二つ、そういった類のはあるでしょ。(※未確認)
そこでたまに集まってなんかやろうぜ、的なのがあってもおかしくないだろうし。

 

お金を払ってまで行くメリットは全くないから行こうかな、って考えてる人が考え直すきっかけになったらいいなって思います。
悩んでる方がいたらぼくでよければ相談乗りますよ。Twitterとか問い合わせフォームからどうぞ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村