宇都宮餃子の名店「みんみん」に行ってきたので食べ方を紹介

スポンサードリンク

こんにちわ。

愛知県でいう「スガキヤ」静岡県でいう「さわやか」みたいに、地方にはその地域にしか出店していない有名なチェーン店って結構ありますよね。

ぼくが住んでる栃木でいえば、餃子が有名なので餃子店の「みんみん」がそれに当たります。

餃子 宇都宮みんみん

 

今日は仕事がお休みということで宇都宮の本店に行ってきました。

 

アクセス

本店へのアクセス

宇都宮周辺だけでもいくつか店舗を構えているのですが、本店はここ

住所:栃木県宇都宮市馬場通り4丁目4−2−3

宇都宮駅から徒歩15分、車無しでもがんばれば歩けるくらいアクセスもそれなりにいいところにあります。

 

本店以外の店舗

本店以外にも食事ができる店舗が宇都宮駅周辺を中心に

  • 駅東口店
  • ホテル アールメッツ店
  • ステーションバル
  • 宿郷店
  • 江曽島店
  • 来らっせ店

があります。明らかに地名ではない店舗があるのが気になるので今度行ってみようと思います。

 

というわけで本店に行ってみた

駐車場について

みんみん本店の専用駐車場はありません。

代わりに向かいのパーキングが店と提携していて、食事をすれば駐車60分無料になります。

会計時に駐車サービス券がもらえるので店に行く際は必ず駐車券は持っていきましょう。

向かいの駐車場がこちら

CIMG1786

後述しますが、駐車場にいる人だかりはみんみんに並んでいる客です。

 

現地に到着

平日の午前11:35(開店5分後)に到着。

画像では少しわかりにくいかもしれないけど向かいの駐車場にまで列を作るくらい混んでいました。

CIMG1779

いくら名店とはいえ平日だからまあ大丈夫だろう、という見込みがめちゃくちゃ甘かったです。

 

ちなみに入れたのは約30分後。

意外と回転が速かったのは安心しました。

 

いざ入店

12時過ぎに無事入店できました。

初めて来てなに頼んだらいいか分からないのでとりあえずおすすめの組み合わせである焼き餃子2人前+水餃子1人前+ライスを選びました。

CIMG1780

他にも揚餃子もあったのですがオススメには無かったので今回は断念。

次回のお楽しみにとっておきます。

 

来たのがこちら

CIMG1783

餃子しかないあたり今こうやって見てみるとシュールな昼食だな。

 

食べ方―焼き餃子編

CIMG1784

というわけでまずは焼餃子から食べてみます。

食べ方

  1. たれ(しょうゆ、オス、ラー油を混ぜたもの)をつけて食べる
  2. たれをかけずにそのまま食べる

の二つを味わうのがオススメ。

 

外はサクサク、中はジューシーなお肉の味がいいですね。

とくに2.のそのまま食べるパターンは、ジューシーな肉汁をより一層堪能できるので是非一度食べてみてほしいです。

 

食べ方―水餃子編

CIMG1785

続いて水餃子。こちらも2通りあります。

食べ方

  1. 焼き餃子同様たれをつけて食べる
  2. 器にたれをかけて食べる

これらはお品書きの画像にもあった、お店側が提案している水餃子の食べ方です。

しかしぼくは、たれをものすごい使いそうだったので今回2.は諦めました。

 

水餃子は焼き餃子とはうって変わって、ぷりっぷりな食感がすごいよかったです。

ちなみに試しに焼餃子同様たれなしでも食べてみたのですが、衣についてる水分が肉のジューシーさを薄めてしまうのでお勧めはできないです。

 

お会計

今回のメニューで税込み850円でした。

冒頭でも書いた通り車で来た方はこの時に駐車券は見せないといけませんよ。

さもないと余計にお金を払うことになりかねません。

ぼくは駐車券見せるの忘れてもう一度レジに向かうという二度手間をやらかしてしまいました。

 

2017/11/26追記:揚げ餃子は駅東口店にはありません

先日、みんみん駅東口店に行ってきました。

本店では食べなかった揚餃子をいただこうと思ったのですが、まさかの揚餃子は駅東口店にはありませんでした。

 

駅東口店同様に他の店舗にも揚げ餃子に関しては置いていない可能性があるので、「どうしても揚げ餃子食べたい!!」という方は本店に行った方が外れが無いと思われます。

 

おわりに

時間帯を考えないと待ち時間を覚悟しないといけないのは難点ですが、それでも宇都宮に来た際は一度は行ってみてほしいです。

土日とかもっと混むんだろうなー。

 

宇都宮が餃子消費量で日本一を争うのは伊達じゃないです。

みんみん以外にも宇都宮駅周辺には餃子店が物凄い立ち並んでいます。

 

もし栃木まで行く用事が無いというのであれば、冷凍食品でも取り寄せられるので是非こちらをどうぞ。

本家の宇都宮ではなく富山から発送なのは大人の事情からだと思われるのでツッコまないでおきましょう。

 

 

 

スポンサードリンク