幼児にキャンプや自然体験をさせることの意義について

スポンサードリンク

先日はお仕事で幼児の子達とキャンプをしたので、それについての振り返りも兼ねて、幼児が自然体験やキャンプをすることの意義について書いていきます。

 

幼児に自然体験・キャンプをさせることで得られるもの

家の中でさえも知らないことだらけの幼児の子たちにとって、山や森の中は未知の世界。

そんな山や森の中で過ごすことはいったい何なのか。

自分がスタッフとして入っていて感じたことも含めて書いていきます。

 

周囲を気にせず思いっきりはしゃげる

最近ニュースで見かけるんですけど、公園ではしゃいでたら苦情が来るみたいじゃないですか。

ぼくが子供のころはそんな話を聞いたことなかったのでただただびっくりしているのですが、

子どもにとっては生きにくい社会になったな、と大人ながらに思います。

夜はまだしも日中くらい我慢しましょうよ。

 

そんな山や森の中では周りのことを気にすることなく遊ばせられるので親としても気が楽だと思うんですよね。

今回は幼児だけだったので親御さんはいなかったのですが、スタッフとして見ていても周りのことは気にしなかったな、という感じ。

 

はしゃぎたいときにはしゃがせることでゆくゆくは活動的な大人になってくれるんじゃないかって見ていて思いました。

だから逆に、子どもたちを下手に叱って抑え込んじゃうとものすごい無気力な子になっちゃうと思うんですよね。

 

あそび場に悩んでいる親御さんがいたらぜひ一度山や森に連れて行ってほしいですね。

 

考える力を養える

今回携わったキャンプでは

  • テントを立てたり
  • 火を起こしたり
  • カレー作ったり
  • 森の中を探検したり
  • 生き物を捕まえたり

などといった、幼稚園や家ではできないであろうことをたくさんやりました。

 

やったことないことってどうやったら出来るかな、って大人でも考えるじゃないですか。

けど大人になると今までの知識を応用して対応したり、なんならスマホで解決策を調べられるのに対し、

子どもはもともと持ってる知識は少ないし、当然スマホで調べることもできないのでどうやるのかってゼロベースから考えることになるわけです。

 

実際に火おこしの際にマッチ棒でどうやったら点火させられるのかって子どもたちはすごい考えながら取り組んでましたね。

ある子は新聞紙に突き刺せば点火できるんじゃないか、と試してみたり、

別の子はマッチに火が付いたら新聞紙に投げ込めば行けるんじゃないか、とやってみたり。

 

ゼロベースから考えるってものすごい頭を使うんだな、と見ていて感じました。

 

友達を思いやる力を身に付けられる

今回参加された子たちはみんな自己主張が強くて大変でした。

というか、幼児ってみんな自己主張が強いものなのかな?

園児の対応ってボランティア含めても初めてのことだから今回のキャンプに参加した園児が自分の中のすべてになっちゃうのだけど。

 

みんな自己主張が強いもんだからすぐに喧嘩を始めちゃう。

で、うちのスタッフリーダーはけんかをさせる主義だから場合によっては手が出てしまうこともあるわけです。

流石に手が出るようなことがあったら止めに入ってましたけど、

けんかが静まってから、しばらく遊ぶ様子を見てたら「一緒にこれしようよ」と、そのけんかしてた子たちが協力して遊んでたんですよね。

 

「喧嘩するほど仲がいい」とはよく言うけれど、けんかしてこそお互いの本音が見えて分かり合えるもんだな、というのをほのぼのと感じました。

 

もちろんお友達と遊ぶだけであれば幼稚園・保育園でもできることです。

けど、キャンプの場ではみんな「初めまして」の子たちばかり。

お互いの関係を一から築くわけですから、振舞い方は大きく変わるわけです。

相手の出方が全く読めない子たちと接することで他人とのコミュニケーションの取り方をちゃんと学べるのではないか、と思いました。

 

初めて業務に携わってみての感想

めちゃくちゃ疲れました。

 

今までボランティアでいくつかキャンプにスタッフとして入ったことはありました。

しかし、あくまでボランティアということで、自分の担当以外は思いっきり手を抜いて作業していたし、

なによりこれまでほとんど小学生が相手だったのでキャンプでの接し方もかなり異なってくるわけです。

 

仕事でやるとなると担当以外でもそれなりに気を張っている必要があるし、慣れない園児の対応で戸惑うし、

子どもたちはけんかするし、夜中にホームシックになって泣き出すわ、、、

お父さんお母さん、そして保育士さんってまじスゲーわ!

 

幼児がキャンプに参加することの意義まとめ

幼児がキャンプに参加することの意義についてまとめますと

  • 周りを気にせず思いっきりはしゃげる
  • 考える力を養える
  • 友達を思いやる力を身に付けられる

の3点です。

 

とりあえず子どもたちは本当にかわいかったな~(^◇^)

なにか説明するとささいなことでも「どうして?」って目を輝かせながら聞いてくるわけですからやってて楽しくないわけがない!

 

けど夜にテントに泊まって寒かったし(この日の最低気温7℃)、ホームシックで泣き出した子の対応で大変だったし、でまともに寝れませんでしたけどね。

スポンサードリンク